さぁみな  さんなっとく

0120-337-379

つながらない場合は 045-331-6666

受付時間:平日9:00~17:00

  • ホーム
  • 事務所紹介
  • 所員紹介
  • 無料相談
  • 料金表
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 選ばれる理由
  • アクセス

相続人の一人が海外転勤で海外に居住しているケース

状況

相談者:相続人 子供(50代)、子供(50代)

相談内容

相続人の一人が海外に居住しているがどのように相続を進めればよいか

解決内容

遺産分割は、海外に住んでいようが国内に住んでいようが相続人間の話し合いで決まるので、話し合いを進めて頂き、手続き面では、遺産分割協議書に押印する印(印鑑証明書)が海外居住の方は無いので、海外居住国にある日本大使館に行って在留証明書とサイン証明書を取得して頂き、遺産分割協議書にはサインをし、サイン証明書と在留証明書を添付して相続税申告した。

お客様の声
保土ケ谷 心が軽くなりました
私達もそうでしたが、本等で色々な説明が書いてありますが…
保土ヶ谷 こちらの先生に大満足です
もしも、相続関連でこちらのホームページへたどり着き、ア…
保土ヶ谷 気持ちの良い対応
とても気持良く対応いただき助かりました。ありがとうござ…
保土ヶ谷 ホットした気持ちは忘れない
担当して頂いた税理士の人柄は申し分なく、親切且つスピー…
その他のお客様の声はこちら

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
PAGETOP