さぁみな  さんなっとく

0120-337-379

つながらない場合は 045-331-6666

受付時間:平日9:00~17:00

  • ホーム
  • 事務所紹介
  • 所員紹介
  • 無料相談
  • 料金表
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 選ばれる理由
  • アクセス

相続人は誰になるのか

誰かが亡くなった時、その亡くなった方の財産は誰が引き継ぐのでしょうか?ここでは、誰が引き継ぐ権利を与えられているのかを説明します。

 

  • 誰が相続人になるの?

  • 相続人は法律によって、下記の人に定められています。
  • 配偶者は常に相続人になる

  • 配偶者と共に、下記の親族が相続人になる

    • 第一順位:被相続人の子供。子供が亡くなっている場合には、孫等の直系卑属
    • 第二順位:第一順位の相続人がいない場合、被相続人の親。親が亡くなっている場合には、祖父母などの直系尊属
    • 第三順位:上位の相続人がいない場合、被相続人の兄弟姉妹。兄弟姉妹が亡くなっている場合には、その子供である、被相続人の甥や姪
  • 相続人数によって基礎控除額が変わってきます

  • 相続人は相続関係者を確定するという意味でも大切ですが、基礎控除額の金額を決定するという意味でも重要です。基礎控除とは、相続税を計算するとき、相続税対象額から、一定の金額を差し引くことができる金額です。
    • 基礎控除額=3,000万円+法定相続人の数×600万円

    • 例えば、相続人が1~2人の時は下記のような計算になります。
      • 相続人が1人の場合
        基礎控除額=3,000万円+1人×600万円=3,600万円
      • 相続人が2人の場合
        基礎控除額=3,000万円+2人×600万円=4,200万円

    • 相続を放棄した場合は、基礎控除額はどうなるの?

被相続人の子供2人全員が放棄した場合には、配偶者と被相続人の親が相続人になります。では、第二順位に相続の権利が移るのはいつなのでしょうか?それは、相続人の子供全員が、相続の権利を放棄した時になります。ただし、この場合でも、基礎控除額は、放棄した子供の分も含める事が出来ます。
3,000
万円+3人(放棄する前の相続人数)×600万円=4,800万円

つまり、相続の放棄をした人があっても遺産に係る基礎控除に変わりはありません。

お客様の声
保土ヶ谷 ホットした気持ちは忘れない
担当して頂いた税理士の人柄は申し分なく、親切且つスピー…
保土ヶ谷 アットホームで大変満足
事務所の雰囲気もアットホームで大変満足しております。今…
その他のお客様の声はこちら

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
PAGETOP