さぁみな  さんなっとく

0120-337-379

つながらない場合は 045-331-6666

受付時間:平日9:00~17:00

  • ホーム
  • 事務所紹介
  • 所員紹介
  • 無料相談
  • 料金表
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 選ばれる理由
  • アクセス

被相続人の意思による寄付金で非課税を適用できたケース

状況

相談者:相続人 男性(70代) 、女性(60代)

相談内容

姉が亡くなり相続人が弟と妹になった。生前、姉が預金の一部をある公益財団に寄付して欲しいとの意思がありその思いに従い預金の一部を財団に寄付したいが相続税にどう影響するか教えて欲しい。また、相続税がどの位かかるか計算して欲しい。

解決内容

相続税の申告において、指定されていた公益財団への寄付は非課税となるものであったので、寄付した場合の相続税の金額を計算し提示した。その後、相続人は実際に公益財団に寄付されたので相続税の申告書に添付する書類を指定し用意して貰った。その書類を申告書に添付することにより相続税に申告において、寄付した預金分を非課税として処理した。また、弟が姉と同居していたので小規模宅地の特例も適用することができた。

お客様の声
保土ヶ谷 深津先生で大満足です
もしも、相続関連でこちらのホームページへたどり着き、ア…
保土ヶ谷 気持ちの良い対応
とても気持良く対応いただき助かりました。ありがとうござ…
保土ヶ谷 ホットした気持ちは忘れない
担当して頂いた税理士の人柄は申し分なく、親切且つスピー…
保土ヶ谷 アットホームで大変満足
事務所の雰囲気もアットホームで大変満足しております。今…
その他のお客様の声はこちら

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
PAGETOP